気持ちよく睡眠がとれる

4月 16th, 2014  / Author: 青木 孝一

不眠症の私は行きつけの医者で睡眠薬を処方してもらっている。
ここ何年か継続して薬を出してもらっているので既に飲まなければ寝れないといった、「抗体」が出来てしまっており、その医者に二週間に一度必ず行くようになってしまった。
会計の際に医療事務の女性と何度も会話している内に、仲も良くなり、普通に世間話までするようになって来た。
「どうして眠れないんですか〜?うちの旦那なんて、食事しながらでも寝てますよ」ふざけ半分で会話が続いたが、ある日、その会計さんが、「ねっ、今度眠れるようにしてあげようか?」と他の事務員の目を盗んで私にこっそりと話しかけてきた。
「えっ?」私がいつもどおりに処方箋の封筒を受け取ると、その裏には携帯の番号が走り書きしてあった。
(これは、マジっぽいな・・・)夕方、5時ごろその番号に電話を掛けてみる。
呼び出したが、留守電になってしまった。
下手に名前を残したりして、旦那さんにばれたらマズイだろうと思い、電話を切った。
するとすぐに電話が折り返しにかかって来た。
「もしもし、やっぱり電話くれたんだぁ」彼女は私だと解かったようだ。
「えっ、どうして私だって解かったの?」「どうしてって、カルテに連絡先書いてあるじゃん」(個人情報だぞ・・・ォィ)まぁ、そんな事があったが、彼女は竹を割ったような言い方で、「良かったら、さっさと、エッチしない?遅いと旦那に文句言われるから・・・8時頃までなら安全牌だよ」と簡単に誘われ、速攻でモーテルに車を乗り入れた。
彼女はサッサとシャワーを浴びて、私も物を洗うようにササッと洗ってくれた。
(う〜ん・・・ちょっと忙しいかな)そんな事を考えているうちに彼女は上になり、体を激しくくねらせた。
(おおっ、すげぇ・・・)脂の乗り切った30女のセックスは濃厚で、二度三度と求めてきた。
タイムアップ・・・その日の私は本等に良く眠れた。
二週間後、またこのように気持ちよく睡眠がとれることを祈ろう。

彼氏の家に泊まるとき

4月 14th, 2014  / Author: 青木 孝一

どんなに気持ちがいいセックスをしたあとでも、オナニーしたくなってしまうのって、おかしいですか?彼氏との甘いセックスのあと、しばらく二人で余韻にひたっているのですが、ムラムラしてきます。
でも、もう彼のおちんちんをほしいとはおもわないんです。
できればオナニーをして、もう一度体を満たしたいっていう衝動にかられてしまいます。
彼氏の家に泊まるときには、オナニーはできませんが、家に帰るときには、帰ってから真っ先に陰部をいじりはじめてしまいます。
ゆっくり横になって・・・ってわけではありません。
玄関に入ってすぐ、たったままで壁に手をついて陰部をいじるんです。
指先でクリトリスをいじりはじめるとどんどん一人の世界に入っていきます。
足を広げてお尻をつきあげて・・・できるだけオマンコの奥まで指を入れてあえぐのです。
この体勢がものすごく気持ちよく感じられます。
指だけではなく手のひらまで、お汁でいっぱいになってぬるぬるしてしまうほどに感じています。
別に彼とのセックスが悪いわけではないんですがこうしてオナニーでしめると、満足できるのです。
なんだか食後のデザートを必ず食べないと落ち着かないっていう感じと同じなんですね。
だから、私には彼よりもオナニーで満足を得てるって感じです。